HOME > 銅 リサイクル

銅 リサイクル

銅が始めて日本にもたらされたのはおよそ紀元前2世紀で、銅とスズの合金である青銅を武器や容器や楽器に使用していたとされています。 銅は伝導性や耐食性に富むため、現在では電線や合金、貨幣や医薬品など国を支える重要な資源とされています。わが国では銅の世界有数の産出国でしたが、資源の枯渇あるいは人件費や為替の影響で、現在ではほぼ全量を海外に依存する状況です。
銅などの引き取り事例はこちら

一号銅線くず(ピカ線)

ピカ線銅スクラップの中では最も高価なリサイクル素材です。ケーブル線の被覆を向いたものです。

銅銅だけで構成された品物です。銅の比率や付着物の有無により、3種類に分類されます。


真ちゅう

真ちゅう 銅と亜鉛の合金。付着物の有無により、2種類に分類されます。

砲金

砲金銅とスズの合金。付着物の有無により、2種類分類されます。


雑線

雑線家庭用やパソコンなどの家電線で、コンセントや付属品を取除いた物です。

ケーブル線

ケーブル線一号銅線くずに被覆が付いたものです。銅率によって分類されます。


金属買取情報

お問い合せ
お見積もり




ページの先頭へ